体臭の種類

 

体臭と言う言葉を聞くだけで、嫌なイメージしか浮かんできませんよね。

 

もしかしたら自分も臭っているかもしれないと思うと、人に会うのも億劫になりがちです。

 

でも自分のニオイから逃げていても何も解決にはなりません。

 

自分のニオイを知ることで何か改善することができるかもしれませんよ。

 

そもそも体臭には種類があるって知っていました?

 

まずはそこから説明しましょう。

 

体臭とは体から臭ってくる汗のニオイなどを指しています。

 

そして体臭はどんな人にもあります。

 

でもそのニオイは人それぞれ違っており、それが体臭の種類の違いによるものなのです。

 

ここで言う体臭の種類とは3つの汗などを分泌している腺のことを指します。

 

 

ひとつ目はエクリン汗腺から出る汗で、一般的に暑いときや、辛い物を食べたときに出る汗のことを指します。

 

そしてこの汗は元々無臭なので、汗をかいたときに、すぐに拭くと問題は何も起こりません。

 

でも出た汗をそのままにしておくことで、雑菌が増えてしまい、これがニオイに変わるのです。

 

二つ目はアポクリン汗腺から出る汗です。

 

ワキなどに多くある汗腺で、ここから出た汗と脂肪酸や雑菌などが混ざり、独特な酸っぱいニオイを発生させます。

 

いわゆるワキガと言われるものです。

 

ワキガの男性

 

アポクリン汗腺の数は生まれつき決まっていて、個人差があります。

 

そしてワキガは病気ではなく体質です。

 

治すのは簡単ではありませんが、ニオイに対処する方法はあります。

 

三つ目に皮脂腺から出る皮脂です。

 

普段はこの皮脂によって乾燥を防いでいるので、問題ないのですが、皮脂に含まれている皮脂酸が空気と触れることで酸化してしまいます。

 

これがニオイの素なのです。

 

元々の体質もありますが、ストレスや睡眠不足など生活習慣の乱れなどで、皮脂が過剰に分泌されると、体からニオイを発生してしまいます。

 

また一度に大量の汗をかいたときは、ニオイを発生させやすくなるとも言われています。

 

これも雑菌を増やさないために、その都度拭き取ることで対応できますよ。

 

体臭に種類があるのは分かっていただけましたか?

 

どの種類の汗もすぐに拭きとるなど、対処の仕方はいろいろあります。

 

そして最初にも伝えた通りどんな人にも体臭はあります。

 

ニオイに対して無感心過ぎるのも問題ですが、過剰に反応してストレスを抱えるのも良くありませんよ。

 

今は体臭の改善のために、さまざまな方法があります。

 

自分のニオイと上手く付き合える方法を探していきましょう。

汗臭い服の解消法

服が汗臭い場合は、普通に洗濯後に粉末タイプの酸素系の漂白剤に浸け置きすることです。

 

それはなぜかと言うと、皮脂の汚れや雑菌がいないから汗臭いニオイはしないのです。

 

新品の服やタオルなどは部屋干ししたとしても汗臭いニオイはしないでしょう。

 

50度くらいの熱めのお湯を使用して、浸け置きすることで汗臭さが解消されます。

 

洗剤の臭いで脱臭するのではなく、新品の状態に近づければ汗臭いニオイはなくなります。

 

よりきれいで清潔な洗濯方法になるので、汗臭い対策と並行して行いましょう。

 

汗のニオイというのは、どうしても服に臭いがしみついてしまうのが大きな問題です。

 

その際のポイントは、水ではなくお湯を使用すると有効な汗臭い対策になります。

 

その汗臭いニオイの元である皮脂や汗のたんぱく汚れが完全に落ちていないからです。

 

汗臭いニオイ対策としては、20分以上、できればお湯が冷めるまで浸けるのが大事です。

 

汗臭い対策での漂白剤の使用は、継続することで黄ばみ黒ずみが抑える効果があります。

 

洗濯時に酸素系の液体タイプのワイドハイターなどの漂白剤は汗臭い対策にお勧めです。

 

ワイドハイター

 

その後に普通に洗濯しても良く、よくすすいで干しても汗臭い対策になります。

 

漂白剤と言っても色柄が落ちることはないので、安心して汗臭い対策に使用できます。

 

それを根本から解決するには、繊維の奥の汚れを落とすことが汗臭い対策になります。

 

ただ、その日1度だけ酸素系の漂白剤で洗っても汗臭い対策には効果は期待できません。

 

洗濯機を回す時に、洗濯物をたくさん入れないことも汗臭い対策のポイントです。

 

洗濯機の中で洗濯物と水が元気良回転する程度が汗臭いニオイには有効です。

 

ギュウギュウになると汗臭いニオイが落ちきれず、柔軟剤が繊維の奥に行き渡りません。

汗臭い子供の対策

汗臭いというと一般的に大人のことを指しがちですが、子供でも多く見受けられます。

 

一般的な汗臭い臭いは、皮脂腺から発症する汗が多いと言われています。

 

汗臭い子供というのは、一般的に多いので、あまり神経質になる必要はありません。

 

部屋も寒色系にすると気分的に温度もかなり汗臭い対策にも関節的に功を奏します。

 

夏本番になると汗臭い臭いもきつくなるので、食生活には気をつける必要があります。

 

それに運動をしない子供というのは汗臭い臭いがするという傾向にあります。

 

小学校の低学年の子供までもがわきがの汗臭い臭いで悩まされる時代です。

 

この遊離脂肪酸を減らして汗臭い臭いをなくすには、軽い有酸素運動が有効です。

 

20分ぐらいだとブドウ糖を多く使うようなので汗臭い臭い対策効果はでません。

 

汗臭い臭いに効果が出てくるのは、運動をして30分過ぎたころからだそうです。

 

休日に子供と汗臭い対策のために公園に遊びに行くのも適度な運動になるでしょう。

 

子供の場合、寝汗がひどい場合にも汗臭い臭いになりやすいと言われています。

 

よく換気をして涼しくして寝ることが、汗臭い臭いに対しても効果的です。

 

また、脂質の多い食事を摂取している習慣の人は、汗臭い臭いは強いものです。

 

汗臭いなるというより、運動をしない子供は血液中に遊離脂肪酸が増えます。

 

食生活に偏りがあるとどうしても汗臭い臭いが出やすいといわれています。

 

早いうちから治療を受けさせることも汗臭い臭い対策につながることもあります。

 

しかし大人の反応が大きすぎると子供のストレスになって汗臭い臭いも解消しません。

 

もちろんあまり寒くしすぎると風邪をひくので、汗臭いどころではなくなります。

 

子供が汗臭い臭いを気にするときは、制汗剤やヌーラなどの消臭剤を使用してみるのも効果的ですよ。

 

それでもダメな場合には、病院で相談するしかありません。

 

ワキガの原因

 

汗はほぼ全員かいています(無汗症という病気の方もいらっしゃるので…)。

 

そしてたくさん汗をかいたときはニオイも気になりますよね。

 

いわゆる『汗くさい』という状態ですが、それは一般的なことです。

 

でも中には独特なニオイを発して、鼻につく場合があります。それはワキガという症状なのですが、何故汗にニオイが発生するのでしょう。

 

そもそも汗は、エクリン汗腺、アポクリン汗腺の2つの汗腺から体外に出ていきます。

 

そしてどちらの汗腺からも、出てくる汗にはニオイはありません。

 

ではニオイはどこからくるのでしょうか。

 

ワキガの人はアポクリン汗腺の数が多いと言われています。

 

このアポクリン汗腺から出る汗には、脂質・タンパク質やアンモニアが含まれています。

 

だから無臭だった汗が肌の表面に出てきたとき、皮膚の常在菌によって分解されることで、ワキガと言われる臭いを発してしまいます。

 

ではワキガはどんな人に起こるのでしょうか?

 

ワキガの人に多いと言われている、アポクリン汗腺の数は遺伝などによるものが多いので、両親のどちらかが、ワキガであると本人もワキガの可能性は高いです。

 

ワキガはアポクリン汗腺の数が多いという「体質」です。

 

でも遺伝だからといって必ずワキガになるわけではありません。

 

日常の生活習慣もワキガの原因に大きく影響しています。

 

このような生活をしていませんか?

 

●ストレスが多い生活をしている
強いストレスはアポクリン汗腺を刺激して発汗作用も強くなります。ニオイを気にすることで余計に汗が出てしまうという悪循環に陥りやすいです。

 

●肥満傾向にある
体温調節をしようとするときは、痩せている人よりも体温を下げるために大量に汗をかくことがあります。この大量の汗が、ニオイの強い汗の場合が多い傾向にあります。

 

●脂肪分の多い偏った食生活
肉や動物性たんぱく質(チーズや牛乳など)の摂り過ぎも、アポクリン汗腺を刺激しやすいと言われています。食生活の乱れから、ニオイの強い汗を発生しやすい状況を作っているのです。

 

あとはワキ毛の手入れをしていないと、汗をかいたときにワキが湿ったままになるので、ニオイが発生しやすいとも言われていますよ。

 

ワキガ体質の方は、日本では10%くらい(10人にひとりですね)と言われています。

 

日本は特にニオイに対して敏感なところがあり、何かと自分のニオイに対して思い悩む場合もあるでしょう。

 

でも10人に1人は同じ悩みを抱えているのです。

 

対処方法もありますので、プラス思考で取り組んでいきましょう。

体臭と食事の関係について

 

夏の暑さと共に気になってくるのが、自分の体臭です。
この体臭が日頃の食事と関係があるって知っていましたか?
今回は体臭と食事の関係について説明します。

 

汗と雑菌が混ざることで、体臭に変化していくものです。
でも体の中の状況が良くないときも、汗をかいたときのニオイに影響してくるのです。

 

さまざまな原因から便秘や下痢の状態が続いていると、腸内環境は悪くなっています。こんなときは腸内でアンモニアが発生しており、これが体臭につながっているとされているのです。

 

●バランスの悪い食生活
●睡眠不足
●運動不足
●ストレス

 

これらが主に腸内環境を悪くする悪玉菌が増える原因です。

 

脂っこい揚げ物やお肉料理やファストフードばかりの食生活を続けていると、体臭が強くなる傾向にあります。
睡眠不足や運動不足に陥ると、新陳代謝が悪くなり肝機能も低下し始めます。そうするとアンモニア臭がし始めます。
では腸内環境を良くするには、どうすればいいのでしょうか?

 

答えは腸内環境を整えるために、食物繊維と乳酸菌を含む食品を摂ることで、改善することができます。
◆食物繊維
腸内に留まっている老廃物と一緒に押し出してくれる作用があるため、腸内を一掃してくれます。

 

多く含んでいる食べ物は、リンゴ・バナナの果物類や、しめじなどのキノコ類とわかめやモズクなどの海藻類になります。

 

◆乳酸菌
腸内に善玉菌の数を増やすことで、悪玉菌を減らす働きがあり、腸内環境を整える効果が期待できます。

 

動物性乳酸菌を摂ることで、効果があらわれます。
ヨーグルトやナチュラルチーズはもちろん、ぬか漬けや味噌・醤油のような発酵食品も乳酸菌を多く含んでいるので、積極的に摂りたいですね。

 

わかめ入りの味噌汁では、食物繊維と乳酸菌の両方を摂ることができますね。このように普段からお肉だけを食べるのではなく、いろんな食材をまんべんなく少しずつ摂取するようにするだけで、体臭予防の効果を得ることができますね。

 

お酢も体臭予防には効果があるとされています。
抗菌作用が口腔内や消化器官に働きかけることで、体臭に効き目があるのです。
腸の動きが活発になることで、お通じにも良い効果があります。
汗をかく暑い時期には、疲労回復にも効果があるので、三杯酢にして、ドリンクとしてなど摂り方は、いろいろありますね。

 

ひとり暮らしで、継続して食べ物で摂るのが難しいといった人は、サプリメントで補うという方法もありますよ。

 

ニオイはどんな人にもあるものなので、気にし過ぎる必要はありませんが、食べ物で軽減できることもあります。偏った食事は体臭だけでなく体調にも良くありませんよね。

 

例えば、野菜や果物のミネラルは食物繊維の吸収を助けます。このようにいろいろな食べ物をまんべんなく摂ることが、体臭予防には効果的です。

疲労で体臭がキツくなる

人に言うことはできなくても、心ひそかに自分の体臭が気になっている女性は実はとても多いものです。
ふとしたときに自分で自分のにおいが気になったり、あるいは人から自分のにおいが臭いという何気ない反応をされたことから気になり始めます。

 

きっかけは様々ですが、一度気になり始めたら悩みは深くなる一方なのが、においの悩みの深刻さです。家族などとても近い間柄であっても、相手のにおいのことは指摘しにくいものであり、においを発していても自分で気が付いて気を付けるほかありません。それでいて、においが強くなればなるほど確実に人に不快感を与えてしまいます。

 

疲労によって様々な体臭もきつくなりがちであるという事実があります。人には誰でも生理的口臭といわれる程度の口臭があり、そのにおいの程度も日常生活に支障をきたさない程度のものなのですが、疲労によって生理的口臭が強くなってしまうのです。

 

人間の口内に自然と分泌される唾液が口臭を和らげる役目をはたしていますが、疲労でストレスがたまると唾液が分泌されにくくなり、結果として口臭がきつくなってしまうからです。疲労を自覚しているときには、意識して口内を潤すように心がけたり、口呼吸を避けるようにするべきでしょう。

 

さらに、汗のにおい、特に脇の下の汗のにおいを気にしている女性も多いと思いますが、このにおいも疲労によってキツくなりがちです。

 

アポクリン汗腺とよばれる汗腺から出る汗は、疲れたり緊張したなど身体がストレスを感じたときに強く分泌されます。
この汗は暑いときに体温調節のためにかく通常の汗とは成分が違い、通常の汗よりにおいが強烈なので、季節を問わず注意が必要です。

 

汗をかきたくないと思えば思うほど、その精神的ストレスから余計にかきやすくなってしまう点も厄介です。対策としては通常の汗のにおい対策同様に、腋毛を脱毛する、汗をかいたらこまめに拭き取るなどして、脇の下を清潔にすることが第一です。

お酒の飲み過ぎが体臭をキツくする

お酒

 

アルコールを飲み過ぎてしまうとお酒臭くなりますよね。

 

この臭いは口臭だけでなく、体臭として体中から発生しています。

 

お酒の飲み過ぎは、確実に体臭がキツくなるので、要注意です。

 

飲酒すると、血管が拡張されて血液循環が促されます。

 

そうすると身体の中でアルコールは酸化するので、体温が上昇し汗をかきやすくなります。

 

急に暑くなったり、顔が赤くなったりするのは、これが原因です。

 

短い間で一気に汗をかくことが、体臭が発生することと関係しているんです。

 

アルコールが体内で分解されると、アセトアルデヒドという成分に変化します。

 

普通であれば、時間が経過すると分解され問題にならないのですが、アルコールの量が多いと肝臓で分解仕切れなくなります。

 

分解が追い付かなくなると、尿からも排出されますが、血液中に流出し、口臭になります。

 

さらに汗として出るため酒臭い状態になります。

 

お酒は体内で、酢酸にも変わります。

 

こちらも同様に分解が追い付かないと、汗に変化します。

 

ツンとした臭いがするのは、この酢酸が原因です。

 

飲み過ぎは、肝臓がアルコールの分解に追いつかず肝機能が低下してしまいます。

 

やはり、体臭改善をするには、アルコールを摂取しないことです。

 

お酒は、水の代わりになりません。

 

水分を摂っているようですが、アルコールの摂取は、利尿作用で尿として出ます。

 

だからお酒を飲んだ後は、水分補給を心掛けましょう。

 

水だけでなく、緑茶やしじみ汁なども飲酒後の身体にはいいんです。